« 今日のお天気とごはん | トップページ | Vineのサスペンドとハイバネーションが »

2007年5月22日 (火)

Linux版のVMwareなら、Ctrl+Alt+Delが

ちゃんとゲストOSに届きます。
Windows版では、ホストOSが先に受け取ってしまい、VMwareに怒られます(w

Ctrlaltdelins_1

Windows版では、

Ctrl+Alt+Insert

を押すと、ゲストOSにたいして、Ctrl+Alt+Delを送ることができます。でも猫又の環境では、このキーの組合せでは、うまくいかないので悩んでたんですが、上のメッセージをよく見ると

Ctrl+Shift+Alt+Insert

になってました(汗

色々調べてみると、VMware の[編集]-[環境設定]-[ホットキー]で、ゲストからホストに切替えるキーを

Ctrl-Shift-Alt

にすると、キーバインドが変わっちゃう風味。デフォルトの、Ctrl+Altだと、Ctrl+Alt+Insで、ゲストOSに、Ctrl+Alt+Delを送ることができるようになりました。うー、そうだったのかー(w

んで、なんで、ホットキーを変更したかというと、ゲストOSのLinuxの中で、Ctrl+Alt+Fxキーで、ターミナルを切替えようとすると、フォーカスが、ホストOSに切り替わってしまうため変更したのでした。

ちなむと、Ctrl+Alt+Delのキーバインドを考案したのは、IBMの中の人だった風味。へぇ。

Ctrl+Alt+Del操作を考案したIBMの技術者が引退:ITpro

|

« 今日のお天気とごはん | トップページ | Vineのサスペンドとハイバネーションが »

Linux」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163245/15179198

この記事へのトラックバック一覧です: Linux版のVMwareなら、Ctrl+Alt+Delが:

« 今日のお天気とごはん | トップページ | Vineのサスペンドとハイバネーションが »