« 今日のお天気とごはん | トップページ | 今日のお天気とごはん »

2008年7月18日 (金)

ThinkPad R60に、Windows Server 2003 を入れて、クライアントOSっぽく使ってみた(w

メモリが、2GBあれば、まぁ動く。
最初にSATAを認識できないので、BIOSでCompatibleにしておくか、Intel Matrix Strage Managerに入っている、SATA AHCI Controllerドライバを突っ込めば、とりあえず起動してきます。

デバイスマネージャを見ると、認識していないデバイスが一杯ですが(w Lenovoのサイトからドライバを落としてきて入れるとみんな認識します。
ChipSetやNICが認識されていないので、USBメモリ等で頑張ってください(w
ちなむと、"不明なデバイス"は、TPMチップです。

サウンドが鳴らなくて悩んでいたのですが、SoundMAX Integrated Digital HD Audioを導入して、さらにDirectXを入れて、dxdiagで[DirectSoundのテスト]で動作していることを確認しました。UAA HD Audioのパッチ(Q888111)は適用しなくても鳴るようです。
あと、Windows Server 2003のEditionが、Standard Editionより上だと、サウンドが鳴らないのは仕様なのだそうで、

Windows Server 2003 をインストールすると、オーディオが再生されなくなる

Windows Audioサービスを上げてやればOK。今回は、SEなので問題なし。逆に、SEをサーバとして使う(←つかそれが本来の使い方だから!)場合は、上記サービスをとめても(・∀・)イイ!ってことで。カリカリチューンな方はどうぞ(w

|

« 今日のお天気とごはん | トップページ | 今日のお天気とごはん »

PC」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163245/41908390

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad R60に、Windows Server 2003 を入れて、クライアントOSっぽく使ってみた(w:

« 今日のお天気とごはん | トップページ | 今日のお天気とごはん »