« 朝晩涼しくなりました。 | トップページ | Microsoftが、夏休みの自由研究を手伝ってくれるぞ! »

2008年8月25日 (月)

RHELとfedoraサーバがやられて、OpenSSHパッケージ緊急アップデートの件。

ガクブルなんですが、あまり話題にならないね?

rhn.redhat.com | Red Hat Support Critical: openssh security update

あ、日本語な記事でた。

Red Hatの社内システムに不正侵入 - ITmedia エンタープライズ

Security Incident Report:Fedora Projectがクラックの被害に - ITmedia エンタープライズ

うーん、なんで、RHEL4/5の一部のOpenSSHだけ改竄された可能性があるのか、よくわかんないなー。

レッドハットのRHEL/Fedoraインフラ・サーバがハッキングされる : Linux - Computerworld.jp

同社は、更新プログラムやパッチをユーザーに提供するためのシステムであるRed Hat Networkが侵害されていないことを「強く確信している」

ふむん、RHNは安全だったと。RHの言い分を信じれば、ですが...。まぁ、心配なら、OpenSSH blacklist script を走らせてみるといい風味。

|

« 朝晩涼しくなりました。 | トップページ | Microsoftが、夏休みの自由研究を手伝ってくれるぞ! »

Linux」カテゴリの記事

Security」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163245/42287104

この記事へのトラックバック一覧です: RHELとfedoraサーバがやられて、OpenSSHパッケージ緊急アップデートの件。:

« 朝晩涼しくなりました。 | トップページ | Microsoftが、夏休みの自由研究を手伝ってくれるぞ! »