« 今日のお天気とごはん | トップページ | うぎゃー!指切っちゃたー! »

2008年8月30日 (土)

Vine Seedで、TrueCrypt 6.0a を使ってみる。

GUIで。

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 ジーユーアイ! ジーユーアイ!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J   

...えー、この話の続きです。

猫又にゃぉ助の「責任者出てこい!」: LinuxやWindows、Macでも共用できる暗号化ツール TrueCrypt

Linux版のTrueCryptは、また明日(w

とか書いといて、めっさご無沙汰(w やっとこ動くようになりました。

まずは、TrueCryptには、OpenSuSEと、Ubuntu用のバイナリしかないので、ソースをダウンロード。[Downloads]のページのSource code, language packs, past versions, PGP keyをクリックすると、ダウンロードページに移動できます。

TrueCrypt

ダウンロードした、TrueCrypt を、/tmp に展開し、Readme.txtをみると、wxWidgets 2.8 library source code が必要だと書いてある。

Synapticには、wx-gtk2とwx-gtk2-develしかないので、これでは全然足りない。だもんで、あとで、本家からソースを落とすことにする。

20080715_tc010
wx-gtk2       v2.8.7-0vl5
wx-gtk2-devel v2.8.7-0vl5

他に、FUSE libraryも必要だと書いてあるので、こっちは、Synapticで追加しておく。

20080715_tc020

んで、本家からwxALL(いわゆる全部入り)ソースをダウンロード(今回は、/tmpに)。現在の最新は、2.8.8 風味。

wxWidgets

んで、展開。

$ cd /tmp
$ tar zxf wxWidgets-2.8.8.tar.gz

TrueCrypt のReadme.txt には、"wxWidgets 2.8 library source code"って書いてるから、もしかしたら、make;make installしなくてもいいような気がしますが、念のため入れとく。インストール手順は /tmp/wxWidgets-2.8.8/docs/gtk/install.txt に書いてある。

まず、configureして、make。

$ cd wxWidgets-2.8.8
$ mkdir buildgtk
$ cd buildgtk
$ ../configure --prefix=/usr --with-gtk --enable-unicode
$ make

makeが長いけど、がまん、がまん。

ちなみに、configure すると...

Configured wxWidgets 2.8.8 for `i686-pc-linux-gnu'

  Which GUI toolkit should wxWidgets use?                 GTK+ 2
  Should wxWidgets be compiled into single library?       no
  Should wxWidgets be compiled in debug mode?             no
  Should wxWidgets be linked as a shared library?         yes
  Should wxWidgets be compiled in Unicode mode?           yes
  What level of wxWidgets compatibility should be enabled?
                                       wxWidgets 2.4      no
                                       wxWidgets 2.6      yes
  Which libraries should wxWidgets use?
                                       jpeg               sys
                                       png                sys
                                       regex              builtin
                                       tiff               builtin
                                       zlib               sys
                                       odbc               no
                                       expat              builtin
                                       libmspack          no
                                       sdl                no

とか出た。ちゃんと、GTK+ 2.0用にでけた風味。
makeが終わったら、rootになって、checkinstall。

$ su -
# cd /tmp/wxWidgets-2.8.8/buildgtk
# checkinstall

ありゃ?

ln: creating symbolic link `libwx_baseu-2.8.so.0': ファイルが存在します
ln: creating symbolic link `libwx_baseu-2.8.so': ファイルが存在します
make: *** [install_basedll] エラー 1

****  Installation failed. Aborting package creation.

試行錯誤しているとき、Synapticで、wx-gtk2を入れちゃったからかも?!ってことで消す。

# rpm -e wx-gtk2-2.8.7-0vl5
# rpm -e wx-gtk2-devel-2.8.7-0vl5

んで、もっかい、checkinstall。

ln: creating symbolic link `libwx_baseu-2.8.so': ファイルが存在します
make: *** [install_basedll] エラー 1

****  Installation failed. Aborting package creation.

うーん(;´Д`)

しょうがないなぁ、libwx_baseu-2.8.soのシンボリックリンクを消すか。...ってねーじゃん!どうすんのよ?んー、しょうがない、make installするか。

# make install

------------------------------------------------------

The installation of wxWidgets is finished.  On certain
platforms (e.g. Linux) you'll now have to run ldconfig
if you installed a shared library and also modify the
LD_LIBRARY_PATH (or equivalent) environment variable.

wxWidgets comes with no guarantees and doesn't claim
to be suitable for any purpose.

Read the wxWidgets Licence on licencing conditions.

------------------------------------------------------

でけた♪

さて、次は、TrueCrypt だー。

添付のReadme.txtを見ると...

Instructions for Building TrueCrypt for Linux and Mac OS X:
-----------------------------------------------------------

1) Change the current directory to the root of the TrueCrypt source code.

2) Run the following command to configure the wxWidgets library for TrueCrypt
   and to build it:

   $ make WX_ROOT=/usr/src/wxWidgets wxbuild

   The variable WX_ROOT must point to the location of the source code of the
   wxWidgets library. Output files will be placed in the './wxrelease/'
   directory.

3) To build TrueCrypt, run the following command:

   $ make

4) If successful, the TrueCrypt executable should be located in the directory
   'Main'.

とか書いてるので、その通りやってみた。

TrueCrypt をダウンロードしたあと、/tmp に展開したので、root になって移動。

$ su -
# cd /tmp/truecrypt-6.0a-source

んで、TrueCrypt用に、wxWidgets を、make する。

wxWidgets は、さっき /tmp に展開したので、そのパスを指定。ThinkPad X40で、数分かかります。

# make WX_ROOT=/tmp/wxWidgets-2.8.8 wxbuild
Configuring wxWidgets library...
Building wxWidgets library...
/tmp/wxWidgets-2.8.8/src/gtk/gsockgtk.cpp:134: 警告: 'wxDummyGsockVar' defined but not used

なんか、"警告"でてますが、ちゃんと、カレントに wxreleaseディレクトリができてるのでキニシナイ(w

んで、TrueCrypt の make。こちらもしばらく待つ...。

# make
Compiling Buffer.cpp
Compiling Exception.cpp
Compiling Event.cpp

... 省略

Compiling VolumePasswordWizardPage.cpp
Compiling VolumeSizeWizardPage.cpp
Compiling WizardFrame.cpp
Linking truecrypt

でけた風味。

あれ?install は?いらないの?とか思いましたが、Mainっていうディレクトリに、truecrypt っていう実行ファイルができているので(・∀・)イイ!風味。

できた、truecrypt ってファイルを、/usr/local/bin へコピー。

# cd Main
# pwd
/tmp/truecrypt-6.0a-source/Main
# cp truecrypt /usr/local/bin

つか、パスが通っていればどこでもいいと思う。

一般ユーザになって、さっそく実行!

USBメモリを刺して、認識されたら、TrueCryptを実行!

$ truecrypt &

キターーーーーー(゜∀゜)ーーーーーー!

20080829_truecrypt01

でも、暗号化ドライブをマウントできない...orz

どうやら、root にならないとマウントできない風味。まぁ、Windowsでも、管理者(Administrator)権限が必要なので、こんなものなのかなー。ちょっと残念(w

気を取り直して、root になって、実行してみる。

$ su -
# truecrypt &

GUIが起動したら、Slotを適当に選びます。次に、[Select File...]ボタンを押し、USBメモリの中の、コンテナファイル(拡張子 .tc)を選択します。今回は、あらかじめWindows版で作っておいたコンテナファイルを使います。もちろん、[Create Volume]ボタンを押して作ってもいいでしょう。んで、[Mount]ボタンを押します。

すると、パスワードをきいてきますので、入力します。

20080829_truecrypt02

パスワードが正しければ、暗号化ドライブが、/media/truecrypt+Slot番号 でマウントされ、GNOMEが自動的にそのドライブを、nautilus で開こうとするのですが...

20080829_truecrypt09

権限がないとエラーになっちゃいました...orz

しょうがないなー。

仕方なく、rootで、nautilus を立ち上げて開くと、ちゃんと中身を見ることができました。

20080829_truecrypt10

日本語も化けずに表示できてます。Vineで、適当なテキストファイルを作って、Windowsへ持っていったけど、ちゃんと読めました。

うまく動いているようです!ヽ( ´∇‘)ノワーイ

GUIを閉じると、通知スペースに入りますので、右クリックするとメニューで操作できます。左クリックすると、GUIが表示されます。

20080829_truecrypt03

使い終わったら、[Dismout]ボタンをポチッとなと押して、USBメモリをアンマウントします。

ざっと使ってみて、Windows版と違うのは、[Settings]メニューに[Language...]がないので、日本語化できないことと、サスペンドするときに、自動アンマウントできないみたい。

Windows版では、自動アンマウントを有効にしておけば、ハイバネやサスペンドから復帰したときに、TrueCryptがおかしくなって、暗号化ファイルを開くことができなくなってしまうことを防ぎます。おかしくなったら再起動するしかありませんので、結構便利かと。

Linux版では、自動アンマウントしてくれそうにないので、手動でちゃんとアンマウントすること。どうもハイバネ中にだんまりになって止まっちゃう風味なので。

まぁ、猫又は、ハイバネするとき、普段からUSBメモリは取り外しているから、あんまり気にならないけど。

些細な事(rootが必要とか ← 些細な事じゃねーw)はありますが、LinuxとWindowsの間で、セキュアにUSBメモリを使うことができて、(・∀・)イイ!のではないでしょうか?

|

« 今日のお天気とごはん | トップページ | うぎゃー!指切っちゃたー! »

Linux」カテゴリの記事

Security」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163245/42331775

この記事へのトラックバック一覧です: Vine Seedで、TrueCrypt 6.0a を使ってみる。:

« 今日のお天気とごはん | トップページ | うぎゃー!指切っちゃたー! »