« 結局、自転車は直らず、嫁の車に載せて自転車屋へ | トップページ | 『猫又』の連呼は、キモイのか......_| ̄|○ »

2008年8月20日 (水)

Windows PE 2.0 で、Broadcom Ethernet NIC NetXtreme Server (5721)を認識させるには?(失敗編(w)

某サーバのディスクイメージを、Ghost Castで抜き取りたいのだが、WinPE2.0に、NICドライバがない風味。でも、WinPEなら、PnPで追加できるんじゃね?と思ったのでやってみた。結果うまくいかんかったんだが、色々(・∀・)イイ!ネタも手に入ったのでメモっとく。

NICドライバはこちらからダウンロード。

Broadcom Corporation - Download NetXtreme Server Drivers

WinPE 2.0=Vista用がないので、Windows Server 2003(32bit)版を落とす。

...って、今思えばこれが間違いの元かも。
このあと、drvloadでNICドライバをロードするんだけど、適当なドライバでも「正常にロードできたお」と表示されるらしい(w

管理者必携! 最強のデータ・サルベージ・ツールを自作する − @IT

「正常に読み込みました」と表示されれば成功だ。ただし、存在しないデバイスのドライバでも追加は成功するようなので、本当に追加したいデバイスが使用可能になったか、あらためて確認する必要がある。

閑話休題。

ドライバを、USBメモリに展開して、WinPE 2.0で起動したマシンに刺す。USBメモリが、どのドライブレターに割り当てられたか調べるには、diskpartコマンドを使う。こんな感じ。

> diskpart (Enter)
DISKPART> list volume

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
  Volume 0    D   CD_ROM       CDFS  DVD-ROM      179 MB  正常
  Volume 1    C   HOGEHOGE     FAT32 リムーバプル       125 MB  正常
DISKPART> exit

ドライブがリストアップされるので、USBメモリがどこに割り当てられたか分かる。

# リムーバ「プ」ル〜とか、桁ずれ〜とか気にするな(w

今回は、C: ドライブに割り当てられた風味(HDDがすべて、ext3なのよ)。
あとは、ドライバをロードして、ネットワークを有効化するだけ...なのだが

> cd hogehoge ← ドライバの置いてあるとこに移動
> drvload b57win32.inf
> x:
> startnet.cmd

あれれ?異常に長いだんまり。NIC認識してない?

> netsh interface ip show interface
Idx  Met   MTU   状態         名前
---  ---  -----  -----------  -------------------
  1   50 4294967295  connected    Loopback Pseudo-Interface 1

ガーーー(゜Д゜;)ーーン!だめじゃん...orz

結局、Intel のGb NICをPCIに挿して、Ghostクローンしましたとさ(ちょw だったら最初から(ry

|

« 結局、自転車は直らず、嫁の車に載せて自転車屋へ | トップページ | 『猫又』の連呼は、キモイのか......_| ̄|○ »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163245/42230549

この記事へのトラックバック一覧です: Windows PE 2.0 で、Broadcom Ethernet NIC NetXtreme Server (5721)を認識させるには?(失敗編(w):

« 結局、自転車は直らず、嫁の車に載せて自転車屋へ | トップページ | 『猫又』の連呼は、キモイのか......_| ̄|○ »