« 今日のお天気とごはん | トップページ | Windows 7 RC を、VirtualBox 1.6.6に入れてみた。 »

2009年5月 6日 (水)

世の中、Windows 7 RC一色ですが、たまには、Vine Linux 5.0αのことも、思い出してあげてください(w

ってことで、先日リリースされた、Vine Linux 5.0αを、Virtual Boxにいれてみた。

あくまでαなので、取扱い注意(w

ついでに、1.5.6 > VirtualBox 1.6.6 (released Sep 2, 2008) まであげた。2.x系は、Vine 4.2の上では動かなかったんで。残念。

ゲストOSの種類で、kernel 2.6を選択して、仮想ディスクには、3GB程割り当て。DeskTop向けのパッケージを選択して、2GBじゃ足んなかった(w あ、LVMがデフォルトなのかー。dumpバックアップとか面倒なので、手動で、以下の様に切り直し。

SWAP 384MB
/boot 100MB
/ 残り全部(今回は、2581MB)

んで、VirtualBoxで、ISOイメージを指定して起動してみたんだけど、SMP alternatives: switching to UP code が表示された後に、BUG: unable to handle kernel <1> を、大量に吐いて停止...orz

20090505_vine49

うーん。ま、αだからね。

VMware Workstation 6.5.2 build-156735 (Windows版)に入れてみるか。

...さくりと入った(w

起動中の画面。

Vine4920090506235209

F2キーを押すと隠れていた画面が表示される。

Vine4920090506235245

ログイン画面。

Vine4920090506235530

デスクトップはこんな感じ。

Vine4920090506235716

VMware Toolsも入れておく。
[VM]メニューの[VMware Tools のインストール]を実行。VMware Toolsの入った、ISOイメージがマウントされるので、RPMをインストール後に、設定用スクリプトを実行する。

# rpm -ihv VMwareTools-7.8.5-156735.i386.rpm
# vmware-config-tools.pl

|

« 今日のお天気とごはん | トップページ | Windows 7 RC を、VirtualBox 1.6.6に入れてみた。 »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163245/44927053

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中、Windows 7 RC一色ですが、たまには、Vine Linux 5.0αのことも、思い出してあげてください(w:

« 今日のお天気とごはん | トップページ | Windows 7 RC を、VirtualBox 1.6.6に入れてみた。 »