« WinFFで、au携帯向け動画を作ってみたけど... | トップページ | 温風器キター♪ »

2010年1月18日 (月)

RHEL5.3から5.4へ、yum updateすると、bond0が上がんない...orz

こんなエラーがでる。

bonding デバイス bond0 は存在しないようですので、初期化を遅らせます。

どうやら、IPv6を無効化する記述が変わったのが影響している風味。

Red Hat Enterprise Linux 5.4 リリースノート 8.3.3. ネットワークドライバに関する更新

ボンディングドライバがアップストリームバージョンへ更新されましたが、この更新により symbol/ipv6 モジュールの依存関係が発生しました。 そのため、 /etc/modprobe.conf ファイルに install ipv6 /bin/false 行を挿入して IPv6 が無効になっている場合、5.4 のボンディングドライバ更新が原因でボンディングカーネルモジュールがロードしませんでした。 モジュールを正しくロードするには、 install ipv6 /bin/false 行を options ipv6 "disable=1 に置き換える必要があります。

とのことで、/etc/modprobe.conf を書き換えてみたら、うまくifupするようになった♪

# 『"』はTypo風味。不要でした。

あ、alias bond0 bonding の行よりも前に追記しないといけないみたいです。

これ、FAQになるんだろうな(^^; ちゃんと、リリースノートには目を通しとかないといけないなぁ。

|

« WinFFで、au携帯向け動画を作ってみたけど... | トップページ | 温風器キター♪ »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163245/47334522

この記事へのトラックバック一覧です: RHEL5.3から5.4へ、yum updateすると、bond0が上がんない...orz:

« WinFFで、au携帯向け動画を作ってみたけど... | トップページ | 温風器キター♪ »