« ThinkPad X40のHDDをSSDに交換してみた。 | トップページ | 今日のお天気とごはん »

2010年2月11日 (木)

Vine 5.0で、GParted Live USBを作ってみた。

SDDの方がサイズが大きいので、後ろが余っています。そこで、パーティションサイズを変更してみるために、GParted Live USBを作ってサイズ変更しました。

まず、中身が消えちゃってもいいUSBメモリを用意して刺します。
今回は、/dev/sdb1 として認識された風味です。

# df -h
ファイルシステム    サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
...省略...
/dev/sdb1             491M  8.0K  491M   1% /media/disk

FAT32でフォーマットされていると思いますが、確認してみます。

# fdisk -l /dev/sdb

Disk /dev/sdb: 515 MB, 515899392 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 62 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x3cece8e7

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1   *           1          63      503744    b  W95 FAT32
領域 1 は異なった物理/論理終点になっています:
     物理=(61, 254, 63) 論理=(62, 183, 57)

なんかワーニング風味なメッセージが出ていますが、華麗にスルーでw

GParted Live USBは、こちらからダウンロードして、USBへ展開して下さい。
カレントバージョンは、0.5.1-1でした。

GParted Live on USB

展開すると、サブディレクトリができますが、USBメモリにはその中だけをコピーするみたいです。
んで、USBメモリの/utils/linux へ移動。

# cd /media/disk/utils/linux/

USBメモリへMBRを書き込むスクリプトを実行します...が!ここでデバイス名を絶対っ間違えないように!!絶対!絶対!間違えちゃだめですからね!言いましたよ、猫又は言いましたからねっっっ!

ぽちっとな。

# ./makeboot.sh /dev/sdb1
This command will install MBR and syslinux bootloader on this machine
--------------------------------------------
Machine: 237167J:

Disk /dev/sdb: 515 MB, 515899392 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 62 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x3cece8e7

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1   *           1          63      503744    b  W95 FAT32
Partition 1 has different physical/logical endings:
     phys=(61, 254, 63) logical=(62, 183, 57)
--------------------------------------------
Are you sure you want to continue?
[y/n] y
OK! Let's do it!
--------------------------------------------
Do you want to install mbr on /dev/sdb on this machine "237167J" ?
[y/n] y
OK! Let's do it!
Running: cat ../mbr/mbr.bin > /dev/sdb
--------------------------------------------
Do you want to install the SYSLINUX bootloader on /dev/sdb1 on this machine "237167J" ?
[y/n] y
OK! Let's do it!
We need a filesystem supporting Unix file mode for syslinux. Copying syslinux from FAT to /tmp/...
`syslinux' -> `/tmp/syslinux.qACsxU/syslinux'
Running: /tmp/syslinux.qACsxU/syslinux -f /dev/sdb1
done!
//NOTE// If your USB flash drive fails to boot (maybe buggy BIOS), try to use "syslinux -fs /dev/sdb1", i.e. running with "-s".

うまく書き込めた風味。

しかし、このスクリプトのフォント、うすーい黄色で、とっても見づらい...。Σ(゜Д゜)ハッ! もしかして、確認のメッセージを目をこらさないと見えなくしているのは、

『目かっぽじって、よく見ろよ、( ゜Д゜)ゴルァ!』

ってことなの?そうなの?どうなの?

あと、ThinkPad X40の型番をどっかから拾ってきてるね。さっきのスクリプト見てみるか。なるほどー、dmidecodeを使って、DMI情報を読んでいるのか。でもこれ、ホスト名とかの方がいいんじゃね?なんかピンとこないもん>型番。

ま、それはさておき、早速USBでブートしてみます。

ThinkPad X40の場合は、電源を入れた時に[F12]キーを押せば、ブートデバイスを選択できます。
あとは、GUIでぐいっと...すいませんw

しばらく時間がかかりますが、サイズが変更できましたので、シャットダウンしてっと...あれ?電源が落ちませんねぇ。キーボードも効かなくなってるし、1分まって無反応だったので、電源ボタン長押しで、ぷちん(汗;

USBメモリを抜いて、電源をいれると無事起動してきました。ヨカタ。

|

« ThinkPad X40のHDDをSSDに交換してみた。 | トップページ | 今日のお天気とごはん »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163245/47544205

この記事へのトラックバック一覧です: Vine 5.0で、GParted Live USBを作ってみた。:

« ThinkPad X40のHDDをSSDに交換してみた。 | トップページ | 今日のお天気とごはん »