« ことでん、100周年記念ページの写真が趣きあるなー、ことことw | トップページ | 【祝】2年ぶりのメジャーリリース Vine Linux 6 http://vinelinux.org/ #linux »

2011年7月24日 (日)

ICS Controlを使って #IS02 をモバイルルーター化してみた。

Windows Mobileには、WMWifiRouter って有名なテザリングソフトがあるけど、ここはあえて、ICS Controlで!w

これで

IS02 は、あと10年は戦える!

...とかマ・クベみたいに言っても、2ヶ月もしたら、WP7.5が出て、終戦だったりして(遠い目)。

閑話休題。

PSPやDSは、ゲーム機器専用のアドホック接続設定になっているので、接続できません。残念。

PCや、iPhoneやiPadは繋がります。ちなみに、iPadつないでみたら、SBMより快適でした。IS02でNATしてもSBMより速いなんて、どんだけ遅いんだよ>SBM

もしかしたら、ICS(Microsoft インターネット共有)を入れておかないと、ipnat.dllがないため接続できないかもです。先日、BluetoothでWindowsをIS02に接続するために、ICSをインストール済みだったので、今となっては...w

#is02 に、インターネット共有をいれて、PCとBluetoothで接続、Azurea for Winでつぶやいてみた

まずは、IS02にアドホック接続の設定を行います。

IS02には、アドホック接続のことを、"このコンピュータからコンピュータのみ"という名前で呼んでいます。そのまんまですが、分かりにくい。

設定は、ワイヤレスマネージャから行います。

20110724102754

右下の[メニュー]から、[Wi-Fi設定]を選択。

20110724102755

ワイヤレスの画面の右下の[メニュー]から、[詳細設定]を選択 。

20110724102924

Wi-Fi詳細設定の画面になります。この画面の、"アクセスするネットワーク"のプルダウンメニューから"コンピュータからコンピュータへのみ"を選択します。

20110724103110
20110724103116
20110724103120

画面右下の矢印アイコンをタッチして、戻ります。

最初は、なにも表示されていないと思います。
[メニュー]より[新しい設定の追加]を選択します。

20110724103450

以下のように設定します。

20110724103734

"ネットワーク名(SSID)" は、任意にどうぞ。"接続先"は、プルダウンから、"社内ネットワーク設定"を選択します
"これは非表示のネットワークです" にはチェックしません。
"これはデバイスとデバイス(ad-hoc)の接続です" にチェックをいれます。
[次へ]をタッチします。

"ネットワーク認証の構成"画面になります。
暗号化は実施した方がいいのですが、接続テストを行ってうまくいってから設定してもいいでしょう。また、アドホック接続するデバイスが不特定の場合は、"無効"設定にする必要もあるでしょうね。もっとも、所詮WEPなので瞬殺さr(ry

[次へ]をタッチ。続けて、[完了]をタッチします。

すると、ワイヤレス一覧の画面に戻り、リストに追加されていると思います。

20110724104414

この画面を横にドラッグして(上の ワイヤレス > ネットワー...をタッチでもOK)、"ネットワークカードの接続先"を"社内ネットワーク設定"に変更しておきます。

# ここでIPアドレスを設定しているWebページを散見しましたが、ICS Controlで割り当てできるようなので、スルーw

これで、アドホック接続用の設定は終わりです。

つぎに、ICS Controlの設定です。
ICS Controlでは、

3G回線に使うインターフェースと、ダイヤルアップ設定

アドホック接続に使うインタフェースと、ネットワーク設定

の各設定を行います。

ダウンロードはこちらから。

ICS Control v.21 - utility for controlling internet connection sharing - xda-developers

あるいは、

xda-developers - View Single Post - ICS Control v.21 - utility for controlling internet connection sharing

v0.21が最新なのかな?かな?

インストーラはないので、ダウンロードしたZIPを解凍し、ICSControl.exeを、IS02の本体メモリのProgram Filesにフォルダを作って置き、ショートカットを、スタートメニューに作っておきます。

20110724104745

20110724104856

バックが黒だと、アイコンが見えにくいですねw

ICS Controlを起動すると、とってもいっぱい項目があってgkgkですが、設定するのは少しで、あとはデフォルトでOKです。

20110724105108

Public Interface <last IP> は、"Cellular Line 2"を選択します。<>ないは前回の値なので最初はなくてもOKです。 これが、インターネット側(= Public)のインターフェースになります。

Private Interface <last IP> は、Private なので、なんとなく内側のインターフェースだと分かりますが、プルダウンでどれを選択するか迷いますw IS02の内蔵無前LANのNICってどれなんだ?と。

20110724105615_2

調べてみると、ちゃんとマニュアル 177頁に書いてました。基本ですなw

というわけで、"AR6K_SD1"を選択します。

Auto Connect to Network は、"IS NET/au.net"を選択します。この設定で、自動的にダイヤルアップします。間違えて、定額設定してないダイヤラーで電話かけると、パケ死しますので注意w

あとは、そのままで、[Save]をタッチ。ボタンが小さいので、頑張って下さいwww

設定できたら、[Start ICS]をタッチします。これもボタンが...。古くからあるソフトなので、スタイラス前提なのでしょうね。つか、WM6.5で急に指で操作するようになったのがいけないんですが...。

この時点では、Wi-Fiは無効のままです。

タッチすると、自動的にダイヤルアップして、画面上のアンテナアイコンが接続中のアイコンに変わります。

つぎに、ワイヤレスマネージャーを起動します。

20110724120648

[メニュー]-[Wi-Fi設定]を押し、先ほど設定したアドホック用の設定を長押し、[接続]を選択します。

20110724120731

20110724121403

もし、アドホック用の設定が見えない時には、[メニュー]-[詳細設定]の"アクセスするネットワーク"で、"コンピュータからコンピュータのみ"になってるか確認してください。デフォルトの、"アクセスポイントのみ"になっていることがあります。

しばらくすると、ステータスが、"接続中"から、"接続済み"に変わります。

20110724141555

うまくいけば、Public Interfaceと、Private Interfaceの間をNATして、アドホック接続してきたデバイスに、DHCPでIPアドレスを払いだしてくれます。

"接続中"になったら、PCやiPadからIS02に設定した、SSID(今回は、ICS Control)を選択し接続します。

ThinkPad X40に入っている、Vine Linux 5.2から接続してみました。

20110724_010_vinelinuxis02

んで、Vine Linuxから速度を測定してみました。

BNRスピードテスト|画像読込み版(iPad、iPhone、Android などのFlash非対応版)

20110724_100_01

最大で、1Mbps以上でています。平均すると、600kbpsを超えるくらいです。

ん?Vineで、ad-hoc接続すると、電波強度のアイコンが0%になるなぁ。繋がってるんだけどね。

20110724_030_vine

テザリング状態のIS02 で、ipconfigを実行した結果は、こんな感じ。

¥>ipconfig
Windows IP configuration

PPP Adapter [Cellular Line]:
     IP Address ........ : 210.251.15.20
     Subnet Mask ....... : 255.255.255.0
     Default Gateway ... : 210.251.15.20

Ethernet adapter [AR6K_SD1]:
     IP Address ........ : 192.168.3.1
     Subnet Mask ....... : 255.255.255.0
     IP Address ........ : fec0:0:0:ffff::1%1 [Manual]
                       fe80::221:e8ff:fedd:ceac%11

Tunnel adapter []:
     Interface Number .. : 4

Tunnel adapter [6to4 Tunneling Pseudo-Interface]:
     Interface Number .. : 3
     IP Address ........ : 2002:d2fb:f14::d2fb:f14
     Default Gateway ... : 2002:c058:6301::c058:6301

Tunnel adapter [Automatic Tunneling Pseudo-Interface]:
     Interface Number .. : 2
     IP Address ........ : fe80::5efe:192.168.3.1%2

Tunnel adapter [Automatic Tunneling Pseudo-Interface]:
     Interface Number .. : 2
     IP Address ........ : fe80::5efe:210.251.15.20%2

     DNS Servers........ : 210.196.3.183
                       210.141.112.163
                       218.231.54.19

IPv6があるんかー。いらんなーw

接続を終了するには、ワイヤレスマネージャーでWi-FiをOffにしてから、ICS Controlの[ICS Stop]、[Quit]をタッチして終了します。先に、ICS Controlを終了すると、IS02が、めちゃくちゃ遅くなって操作できなくなりました。たまたまかもですが。

あと、最後に運用上の注意点。

ICS Controlが、AR6000 WLAN Adapter SDに、192.168.3.1/24(← 設定時の値に準じる)を設定してしまいますので、

20110722185259

自宅やフリースポットなどで、Wi-Fi接続する時には、

サーバー割り当てのIPアドレスを使用する

に変更するのを忘れないようにしましょう。繋がらなくて泣けますwww

このあたり、WMWifiRouter に分がありますね ← シェアウェアだもん。

分があるといえば、IS02の本体左側の電源ボタンを短押して画面を消灯すると、無線接続が切れてしまいます。 WMWiFiRouterはサスペンドしていても動作する風味。 ギギギギ...。

|

« ことでん、100周年記念ページの写真が趣きあるなー、ことことw | トップページ | 【祝】2年ぶりのメジャーリリース Vine Linux 6 http://vinelinux.org/ #linux »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

猫又さん
ありがとうございます。
このコメントを書いた後、一瞬つながるような挙動を見せたりもしましたが、やっぱりダメ(>_<)
アドバイスありがとうございます。
次のお休みに試してみます。

投稿: rav4kai | 2011年7月29日 (金) 21時25分

こんばんにゃ!rav4kaiさん、猫又です。
このICS Control不安定ですよね...。私も何度か、PCにIPアドレスが振られない現象がでました。

PCの無線LANには、IS02からのIPアドレスがDHCPで割り振られていますか?

ipconfig/allで確認してください。

IS02は、ICS Controlの[DHCP]タブで(表示は[Refresh]が必要かも)。

投稿: 猫又にゃぉ助 | 2011年7月29日 (金) 16時43分

この記事を読ませていただき、私も早速チャレンジしたのですが…PCとIS02の接続はどうやらで来ているっぽいのですが、IS02からインターネット接続が出来なくて困っております。
何か設定が足らないのか、上記説明以外で何かご指導していただける点がありましたら教えていただけないかと思いコメントさせていただきました。どうかよろしくお願いします

投稿: rav4kai | 2011年7月28日 (木) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163245/52326507

この記事へのトラックバック一覧です: ICS Controlを使って #IS02 をモバイルルーター化してみた。:

« ことでん、100周年記念ページの写真が趣きあるなー、ことことw | トップページ | 【祝】2年ぶりのメジャーリリース Vine Linux 6 http://vinelinux.org/ #linux »