« 雨の神田明神さま | トップページ | セキュリティうどん(かまたま)を6月くらいに...?! »

2012年4月24日 (火)

iPadをセミナーに持って行ったら、すごく便利だった話

今回のセミナーは、会場での資料配付は基本的に「なし」なのでPDFをダウンロードして、iPadに入れ持って行きましたが、これがすっごく便利でした!
会場では、紙をぺらぺらめくっている人がいましたが、紙の資料って、なんせかさばります。
1セッションで、PDF50枚なんでざらですから、参加セッションだけで300枚ほど、ましてや、うどん県から、江戸まで、全部持って行くなんて無理ゲーです。そんなの持って行けないよ(T_T)
そこで、PDFを全部、iPadに入れて持って行きました。いやー、楽ちんだわ♪
入れたPDFは、閲覧するだけなら、adobe readerを使ってもいいんですけども、おすすめはこちら↓
有料アプリで、450円ですが、すごっく便利で、十分にもと取れます。複数のPDFをタブで管理できますし、PDFにテキストや手書きメモを書き込めます。簡単な説明はこんな感じ↓
PDF扱うなら、これですねー(さすがにPDFそのものを編集することはできませんが)。
メモは、iPadの標準アプリのメモ帳でとりました。とったメモは、そのままメールで送信できます、っていうか、あとはOutlookかiCloud、GoogleDocとのSync前提で、PCに直接取り込めないです。ここは改善してほしいよ、天国のジョブズ!
PC持ち込んでもテーブルがあるセッションばかりではありませんし、なんせキーボードの音がうるさい。
馬鹿みたいに打ち込んでいる人がいたので、うしろからiPadで、はたいてやろうかとw
今回のセッションは、テーブルが足らなくて、後ろは椅子だけ。そんな環境でも、iPadなら片手で持って、無音でペタペタ打ち込めます。慣れると結構早打ちできますよ。
かしこい辞書はほしいですが...。変換があほすぎるし全然学習しない..._| ̄|○ ジャストシステムをアップルが買収してくれないかな?w 今はキーエンスの傘下なんだよなぁ。
セミナーでは、セッションを聞きながらメモとPDF資料の間を行ったり来たりするので、ぜひ「スワイプ」と「ピンチ」操作をおぼえましょう。
タスク切り替えは、4本指でタッチしたまま指を上へぐいっと『スワイプ』すると出てきます。指4本で持ち上げる感じです。
左右に、4本指でスワイプすると、アプリの切り替えができます。
今表示されているアプリを最小化して、ホームのアイコンのページを表示させるには、5本の指をすぼめるように寄せます(ピンチって言います)。
この3つをおぼえるだけで、iPadの操作性が格段にあがりますよ!お試しあれ~。
残念ながら、iPad用のジェスチャなので、iPhoneでは動きません。あしからず。
iPhoneでは、[設定]-[一般]-[アクセシビリティ]の中にある、"身体機能サポート"の"AssistiveTouch"を[オン]にするといいでしょう。
画面にまあるいアイコン(フローティングになっていて、邪魔なときはフリックして移動できます)をタップすると、[ホーム]を表示したり、[ロック](デバイスの中にあります)をかけたりできます。
物理的なボタンを押さなくてもホーム画面に戻れたり、アプリを切り替えたりできるので便利です(このボタン、使いすぎると壊れるしねw)。

|

« 雨の神田明神さま | トップページ | セキュリティうどん(かまたま)を6月くらいに...?! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163245/54568520

この記事へのトラックバック一覧です: iPadをセミナーに持って行ったら、すごく便利だった話:

« 雨の神田明神さま | トップページ | セキュリティうどん(かまたま)を6月くらいに...?! »