« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月24日 (火)

Microsoft Updateが使用するプロキシ設定は、インターネットオプションとは別!?

な、な、なんだってー!?(AA略)

最初にインターネットオプションに設定したプロキシ設定が、Microsoft Update用にレジストリへ埋め込まれて、コマンド打たないと変更できない風味。

ま、家庭では、プロキシが変わることなんて、めったにない(つか、一般人ならプロキシなんか持ってないw)んだけど、企業で導入していて、ネットワーク更改とかで、プロキシ設定が変わることがあるかも。

プロキシ設定が別なのは、WSUS用とかですかねぇ。

あ、以下、Windows XP用のコマンドです。Vista以降は別(←ぐぐってw)

まずは、現状を確認。

c:\>proxycfg
Microsoft (R) WinHTTP Default Proxy Configuration Tool
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

現在の WinHTTP プロキシ設定:
  HKEY_LOCAL_MACHINE\
    SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet
Settings\Connections\
      WinHttpSettings :

    プロキシ サーバー:  proxya:8080
    バイパス一覧     :  10.*;*.hoge.com.
construction-ec.com;<local>

うーむ、古いままだ...orz

インターネットオプションのプロキシ設定を反映してみる。

c:\>proxycfg -u
Microsoft (R) WinHTTP Default Proxy Configuration Tool
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

更新されたプロキシ設定
現在の WinHTTP プロキシ設定:
  HKEY_LOCAL_MACHINE\
    SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet
Settings\Connections\
      WinHttpSettings :

    プロキシ サーバー:  proxyb:8080
    バイパス一覧     :  10.*;*.hoge.com.

proxya:8080 から、proxyb:8080 へ変更されましたヽ(゜∀゜)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

Nintendo 3DS のペアレンタルコントロールは、削除したソフトを再ダウンロードする時にはパスワードをたずねてこない #security

うちのおちびたんが、Nintendo 3DSで遊べる、「電波人間」っていうダウンロードアプリ(\800-)のお試し版と間違って、ほんまもん削除してしまって泣きそうになっていたので、再ダウンロードしてあげた。もちろん課金もされない。ワシを見る、おちびたんのまなざしが「すてき!」(ハート)になっていたのはおいといて。

# セーブデータは、電子の海の彼方...ですが。まぁ、これはやむなし。

んで、再ダウンロードするときに、てっきりペアレンタルコントロールの解除用パスワード(パスワードって言ったって、数字4桁だけどね。これもどうかと思うけど)をたずねてこなかったんだけど、これは「まずい」。

どう「まずい」かというと、ダウンロードしたゲームやアプリがもし、ちょっとうちの子供に遊んでほしくないなぁっと思って削除しても、子供が勝手にダウンロードできてしまいます。

店頭なら、対面ということと、実際にお金が動くので、さすがにうちのおちびたんが一人で(また、友達といっしょに)買うって言うのは、敷居が高い(今の年齢ならば)けど、ダウンロードは、たった3タップで完了。これ、どうなん?

ペアレンタルコントロールを導入するってことは、親が関所に使いたいわけで、いったん導入してしまえば、ざるざるってのは、いただけないなぁっと思ったしだい。

ちょっと、任天堂行ってくるw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »